« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月26日 (火)

千秋楽を迎えました

ASC第33回公演/創立10周年記念公演シリーズ第3弾
   「ジュリアス・シーザー」
 たくさんの皆様のご来場、誠にありがとうございました。

 感想等、みなさまの声を是非お聞かせください。
 (コメントに関しまして、随時お返事させていただきます)

第33回公演「ジュリアス・シーザー」専用掲示板

ASC代表ブログ ASC“代表の徒然” プライベート:「ジュリアス・シーザー」カテゴリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

19日初日が開きます

ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」、19日(火)から公演が開始します。

感想等、みなさまの声を是非お聞かせください。

第33回公演「ジュリアス・シーザー」専用掲示板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

「ジュリアス・シーザー」キャスト一部変更のお知らせ

ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」に関しまして、すでにお知らせのキャストに一部変更があります。
ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」 に、新しいキャスト表を更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーブログ

そして劇場へ(愛鈴姫)
 ~レインボースタジオでの稽古が本日16日で終了しました。

2006-12-16(ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場日誌  あっという間に、レインボースタジオとはお別れの日がやってきた。
 ~・個人日記 あたふたする自分が嫌いだ。みっともない。常に自信を持った態度でいることが、周囲をひきつけるカリスマになる条件だそうだ。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

メンバーブログ

新しい「ジュリアスシーザー」誕生(愛鈴姫)
 ~舞台稽古では演出家のだめとりを、公演中はお客様のご案内を担当します。

新しい世界の終末(ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場日記    毎日、通し稽古が続く。キャストのテンションも最高潮!びしびしとした緊張感!
 ~・個人日記    一昨日買ったコンタクトレンズを、さっそく排水溝に流してしまった。  朝から号泣。

[芝居]目を見る (大きな木のように)
 ~芝居では相手の目を真剣に見ます。そこでお互いに通じ合うことができると大きなエネルギーをもらうことができます。

心を忘れないで (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場個人日誌    「忙しい」というのは、心を忘れると書く、というネタは前に書いただろうか。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

メンバーブログ

愛それは・・・(ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場日誌  ブルータスとポーシャ。  シーザーとキャルパーニア。昨日は二組の夫婦を描いた場面を中心に稽古が行われた。
 ~・個人日記  今日は稽古がお休みです。 菊地さんと衣装の生地を倉庫へ探しにデート。

今日はダンス (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~久々の内藤先生のレッスンではダンス。 相変わらず下手だが、なんだか楽しくなってきた。

研究センター (ASCの日々)
 ~今日は1日研究センターがありました。午前中は衣装の打ち合わせをした後、稽古の一部を取り上げたエクササイズ。

新しい世界へ・・・  (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~視力が落ちたことを認めるのが、何の取り柄もない人間であることを認めるように思えて嫌だった。だから、眼鏡もなかなか作らなかった。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」
*ASC演劇研究センター、3つのコースで募集しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

メンバーブログ

びしっと着こなす衣装 (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~今日は、「ジュリアス・シーザー」衣装合わせと初の通し稽古があった。  シンプルな衣装だが、みんな、なかなか様になっていた。

[ジュリアス・シーザー][稽古場見学] (われらが小さき生)
 ~今日は照明の阿部さんにも参加いただいて初通し稽古がありました。「ASCの日々」mixi版「ASCの日々」に写真をアップしました。

初通し稽古 (ASCの日々)
 ~写真はシーザー暗殺後、アントニーが演説を始めているの聞くブルータスとキャシアスです。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

メンバーブログ

[AYANOGI YEAR in Tottori][ジュリアス・シーザー]朝日座、ありがとうございました!(ASC“代表の徒然” プライベート)
 ~米子での朝日座公演「不届千萬忠臣蔵」、 本当にありがとうございました!! お蔭様で、大盛況のうち千秋楽を迎えることができました。

[ジュリアス・シーザー]「ジュリアス・シーザー」思いつくまま(われらが小さき生)
 ~「ジュリアス・シーザー」公演プログラム案を書く前に、思いついたことを書き出していった私的なメモです。

100回目の質問(空のはじまり)
 ~昨日、キャルパーニアを演じる野々目良子ちゃんと 今回『リチャード三世』以来再び客演してくださる、今回のタイトルロールを演じる瀬川新一さんと、 稽古後お食事してきました。

劇的なできごと (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて) )
 ~・稽古場日誌  昨日は、私にとって、劇的な日となった。 まさか、こんなことは予想もしていなかった。 しかし、予想しない自分が甘かったのだろう。

「ジュリアス・シーザー」公演まであと2週間 (ASCの日々)
 ~公演まであと2週間と迫りました。稽古も折り返し点を過ぎ、佳境に入って参りました。

[稽古場見学]ただ見ていれば、聞いていればいい(われらが小さき生)
 ~「自分に集中するな、ただ相手の台詞を聞いていればいい。」 「役に大きい小さいはない。だれもが現実の人間よりはずっと大きい。」 「周りの人たちが創らなければ、役は成立しない。」

視線が絡み合う・・・( ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて) )
 ~・稽古場日記    「ジュリアス・シーザー」の最初の方で、祭りの最中、シーザーとその一行が退場する場面があります。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式ブログ更新に関しまして

 12月5日から12月7日まで、公式ブログで利用していますココログが、突然メンテナンスに入りました。

 またメンテナンス終了後も、管理画面に不安定な状態が続いています。
 以上の事情で、更新が滞ることがありますこと、ご理解よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

メンバーブログ

端っこの端っこ (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場日記:本番が近づいてくる。 今日は大詰めのあの場面。書いちゃっていいのかしら。

2006-12-03(ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて))
 ~・稽古場日記: 昨日は問題の、高度な反射神経と運動神経が要求される、大人数が出てくるあの場面をやった。
 ~・個人日記:今まで経験したことのないようなとんでもない、ある窮地に立たされる。しかし、また、別に思いがけないチャンスが巡ってくる。

[ジュリアス・シーザー][稽古場見学] (われらが小さき生)
 ~ 「ジュリアス・シーザー」の稽古も佳境に入っています。 稽古を重ねるごとに新しい発見があり、新たな試みがなされます。 芝居作りには恐ろしいほど「自分」が映し出されるものと痛感します。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

メンバーブログ

[ジュリアス・シーザー][稽古場見学](われらが小さき生)
 ~今日はプロローグから第1幕第2場までをていねいに作っていきました。 プロローグは「これぞ、ASC」という今までだれも見たことのない演出です。どうぞご期待下さい。

命をかける(ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて)
 ~ローマの将来を考え、シーザーの存在を危険視するブルータス。  一方、シーザーに対し、個人的な恨みを持つキャシアス。  前半は二人の緊迫したやりとりの場面の稽古。  白熱しています。

[ASC]ジュリアス・シーザー(大きな木のように)
 ~稽古も折り返し地点にさしかかりました。

事件が・・・ (ジュリアス・シーザー稽古場日記(ジュリエットになりたくて)
 ~稽古中は師匠でもあるブルータス役の菊地さんとキャシアス役の彩乃木さんから、怖いくらいの緊張感と集中が感じられる。

*ASC第33回公演「ジュリアス・シーザー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »