« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

第33回公演「ジュリアス・シーザー」

・ASC第33回公演/創立10周年記念公演シリーズ第3弾
   「ジュリアス・シーザー」
 10月1日より チケットの先行予約を開始します。  

 詳細はコチラ → ASCオフィシャルサイト「NEXT PLAY」
 チケット予約はコチラ → チケット予約フォーム

DMが、まもなくお手元に届くかと存じます。よろしくお願い申し上げます。
また、DMの郵送をご希望されます場合は、【こちらのメールフォーム】よりご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

[ジュリアス・シーザー]作品紹介 (ASC“代表の徒然” プライベート)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーブログ

ジュリアス・シーザー(仮)稽古場日誌(ジュリエットになりたくて)
 ~本日から3日間「ジュリアス・シーザー」プレリハーサルが始まる。

「ジュリアス・シーザー」プレリハーサル (ASCの日々)
 ~ASC は今週、次回公演「ジュリアス・シーザー」のプレリハーサルを3日間行いました。

後悔と反省とアンド・・・(空の始まり)
 ~9月初めに更新して、とうとう今日で9月が終わってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外部活動

平成の芝居小屋「朝日座」事業 『不届千萬忠臣蔵』 (ASCの日々)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月8月9月掲示板

2006年7月8月9月の掲示板です。

皆様の「声」をお待ちしております。
(下部「コメント」の文字をクリックいただき、コメント投稿という形で投稿をお願いします。)

内容に関しまして、ASC公式ブログ及びASCメンバーブログにて取り上げさせていただくことがございますこと、ご了承お願いいたします。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年9月27日 (水)

メンバーブログ

嬉しかったこと( Boys be ambitious!)
 ~25日が誕生日でした! 彩乃木さんと同じ日?!
心の支え( Boys be ambitious!)
 ~丹波哲郎さんが24日、お亡くなりになられた。

[演技とは]とても素敵なブログ記事、発見。 ( ASC“代表の徒然” プライベート)
 ~演技とは、芸術とは、いったいどういうものであるか、 そのことを深く考えさせてくれました。

[研究センター][なぜ、今、ここに?]たとえば巻き舌 (われらが小さき生)
 ~赤ん坊の1年の間の成長は目覚ましいものがあります。

あなたの声が聞きたくて(ジュリエットになりたくて)
 ~誰かの声が聞きたい時ってあるよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

メンバーブログ

消えちまった悲しみに…(ろくろっくび工房)
 ~ブログのデザインを元に戻しました。

[思い出]心(大きな木のように)
 ~今自分が小学生だったときのことを思い出そうとしているのですが

美しきものの伝説(ジュリエットになりたくて)
 ~先日「劇団俳小」の「美しきものの伝説」を観る。
レインボーローズ(ジュリエットになりたくて)
 ~最近、12月の公演に向けて少しづついろいろなことが進行している。 

[研究センター][なぜ、今、ここに?]お祝いしていただきました。(われらが小さき生)
 ~昨日の研究センターで、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

「ジュリアス・シーザー」演出コンセプト  

ASC十周年記念公演第三弾「ジュリアス・シーザー」
まずは代表のブログにて、演出コンセプトのアップです。

[ジュリアス・シーザー][演出コンセプト]抜本的改革!
ASC“代表の徒然” プライベート

現在公演チラシを作成中です。
お手元にご案内が届きますまで、今しばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーブログ

[STAGES]「破無礼」奥州幕末のハムレット (われらが小さき生)
 ~東北弁の「ハムレット」を観て来ました。

[AYANOGI YEAR in Tottori]演劇大学in米子 3 (ASC“代表の徒然” プライベート)
 ~VERY、VERY、エキサィティングな4日間が終わった!

私が先生(ジュリエットになりたくて)
 ~ASCの先輩、根上さんがピアノを習いはじめたと知り、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

メンバーブログ

お医者さんと救急隊と役者(masakoのふきだし)
 ~今日バイト中に、店の前でおばあさんがいきなり倒れてしまった。

できる、できない、できる、できない、できる・・・・
 ~ 巻き舌の精度が上がってきた。
許せない自分
 ~作家の村山由佳さんの言葉が印象に残った。
  (ジュリエットになりたくて)

[“子供のためのシェイクスピアカンパニー”]「リチャード三世」千秋楽!
演劇大学初日。
演劇大学2
  ( ASC“代表の徒然” プライベート)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

オフィシャルサイト更新情報

Other(ASC以外での出演情報など) を更新しました。

 ASC副代表の菊地一浩が、来たる10月、俳優座劇場にて「をんな・物語」と銘打った5作品のうちの最初の演目、『烏賊ホテル』を演出します。

 出演は、渋谷哲平を含めた男4人芝居。作家は、アニメ映画「おもひでぽろぽろ」の原作で日本アカデミー特別賞を受賞した岡本螢。
実力派俳優とともにお贈りする、愛と再生のドラマチックコメディにどうぞご期待ください。

詳細は「俳優座劇場上演スケジュール10月」 にて、ご確認をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーブログ

研究センター、夏休みが終わって(ジュリエットになりたくて)
 ~先日、ASC研究センターの夏休みが明けて、二人の新入生が入ってきた。
夏休みの思い出・・・乙女チックな旅(ジュリエットになりたくて)
 ~今さらながら、夏休みの思い出。

習い事(かすみ草伝記)
 ~今月から、ヤマハ音楽教室にいってます。ピアノを習い始めました。
帰り道(かすみ草伝記)
 ~仕事の帰り道、何年ぶりになるだろうか? 石焼き芋を買って帰った。

自分との向き合い方(Boys be ambitious!)
 ~私は一般の人の300倍ものアレルギー要素を 持っているらしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

メンバーブログ

パンフレット
開通
 →negamiの日記から「かすみ草伝記」へ

[演技とは][研究センター]技術とは・・・(ASC”代表の徒然”プライベート)
 ~なぜ歌い手によって、同じ曲なのに感動させてくれる人とそうでない人がいるのだろう

[なぜ、今、ここに?]研究センター2年目 (われらが小さき生)
 ~ASCに入ってから考えさせられることは多くあり、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

第33回公演「ジュリアス・シーザー」

・第33回公演「ジュリアス・シーザー」
  ASCオフィシャルサイト「NEXT PLAY」
   ASC第33回公演/創立10周年記念公演シリーズ第3弾
   「ジュリアス・シーザー」
   “雄(おとこ)たちのローマ史劇、再び極まる。”
   “雌(おんな)がいて、雄(おとこ)がいる。”

チケット購入に関しましては、以下の期日から予約受付を開始させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

チケットぴあ 0570-02-9988(10月13日より)
ASC劇団事務局 (先行予約10月1日より)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オフィシャルサイト更新情報

オフィシャルサイトのトップページ「更新情報」部分を、以下のように変更しました。


ASC演劇研究センター、3つのコースで募集しています

ASC公式ブログ、日々更新中です。
  →最新ニュース 「演劇大学2006 in Yonagoシンポジウムに彩乃木崇之が講師として参加」

・第32回公演「メジャー・フォー・メジャー」の舞台写真アップしました
   横浜教会公演   東京公演    

・第33回公演「ジュリアス・シーザー」
  ASCオフィシャルサイト「NEXT PLAY」
   ASC第33回公演/創立10周年記念公演シリーズ第3弾
   「ジュリアス・シーザー」
   “雄(おとこ)たちのローマ史劇、再び極まる。”
   “雌(おんな)がいて、雄(おとこ)がいる。”

  
第34回公演「オセロー」
   出演者、スタッフならびに劇団員(演技部・スタッフ部)募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンバーブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

メンバーブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

メンバーブログ

[演技とは][研究センター]邪念 (ASC“代表の徒然” プライベート)
 →邪念(Boys be ambitious!)
 →風に舞い上がるビニールシート(ジュリエットになりたくて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »